国立大学法人東北大学 東北大学病院看護部

  • 交通・アクセス
  • お問い合わせ

看護部の紹介

概要

看護部の理念

患者さんにやさしい医療と先進医療との調和をめざした看護
「人にやさしく未来をみつめる」

東北大学病院の看護師の使命

大学病院・特定機能病院での医療を必要とする患者および患者を取り巻く人々を対象に、適切な看護を提供する

看護部の方針

  1. チーム医療を通し、安全で安心な看護を提供する。
  2. 看護の質の向上を図る
  3. 大学病院の経営に貢献する
  4. 地域医療に貢献する
  5. 職場環境の整備に努める

求める人材像

  • 患者・患者を取り巻く人々の人間性を尊重した質の高い看護を提供できる人材
  • 自律的に看護実践能力を高めることができる人材
  • 自ら学ぶ姿勢と他者の学びを導き支えることができる人材
  • 豊かな感性と高い倫理性と看護を創造できる人材
  • 組織に貢献できる人材
  • 社会のニーズに柔軟に対応できる人材
  • 理論と実践を統合し、看護学の発展に寄与できる人材

平成30年度の目標

  1. 重症度、医療・歓喜必要度を月平均28%以上維持できる
  2. 先進医療棟移転を安全に行い、予定通り通常稼動できる
  3. 病床再編を安全に行い、再編後も質の高い看護が維持できる
  4. 共通病床の認識を統一し、有効活用できる
  5. 特定共同指導受審の準備を計画的に進める
  6. 看護記録ガイドライン(第9版)に則った記録を行えるよう、
    周知活動する
  7. 看護助手に業務を見直し、有効活用する
  8. PNSの運用を推進する
  9. 看護実戦能力を高く維持するための人材を育成する
  10. TUCSCO(東北大学ケアサイエンス共創センター)による
    研究指導者の育成を推進する

看護師数

1,269名(産休育休、パート、再雇用含む)【平成30年4月1日現在】

看護単位

平成12年に西病棟が、平成18年に東病棟が開設しました。
また、平成19年には歯学部の病棟部門が東病棟に移転し31病棟となりました。
平成24年7月にはHCUが開設され、30病棟に再編されました。
中央診療部門、外来部門でも多くの看護師が活躍しています。
平成18年に開設された高度救命救急センターは、県内の第3次救急の中核的存在になっています。

勤務体制

病棟の勤務体制は2交代または3交代です。
【2交代の場合】
日勤 - 8:00~16:45、夜勤 - 15:45~8:45
長日勤 - 8:00~20:30、12時間夜勤 - 20:00~9:30
長日勤 - 8:00~21:30、12時間夜勤 - 21:00~9:30
【3交代の場合】
日勤 - 8:00~16:45、準夜勤 - 15:45~0:30、深夜勤 - 0:00~8:45

看護ケア提供方式

昨年より、ほとんどの病棟で、可能な限り、日勤帯は東北大学病院PNS(パートナーシップ、ナーシングシステム®) を実施しており、それ以外の部署でも、取り組みを検討しています。
部署の特性に合わせて、固定チーム継続受け持ち方式、モジュール型継続受け持ち方式も併用し安心安全な看護に努めています。

ナース・オブ・ザ・イヤー

ナース・オブ・ザ・イヤーは、平成13年度から行われている表彰制度です。
その年度の活躍が認められた看護職員10名程度が病院長から表彰されます。

ナース・オブ・ザ・イヤー

PageTop