国立大学法人東北大学 東北大学病院看護部

  • 交通・アクセス
  • お問い合わせ

看護部の紹介

看護部長挨拶

看護部長挨拶

東北大学病院看護部には約1,200名の看護職が在籍しており、安全・安心な看護を提供するために日々努力しています。そのために看護部では教育に力を入れています。毎年多くの新人を迎え各部署では先輩看護師を中心としてスタッフ全員で新人を支えていく屋根瓦方式による教育体制をとり、皆でサポートしています。充実した教育体制、さらに臨床の現場で教育がさらに充実するよう、東北大学クリニカル・スキルスラボと連携したシミュレーション教育やe-learningシステムを整備し“自ら学ぶ”環境を整えています。
また、複雑な病態の患者さんに安全・安心な看護を提供するために、2名の看護師がパートナーとして看護実践を行うPNS(パートナーシップ・ナーシング・システム®)を導入しました。相談相手がいつでもそばにいる、話し合って看護の方針を決められる、自分自身安心して看護できると現場の看護師から好評です。
本院には57の診療科、集中治療部、高度救命救急センター等があり様々な経験ができます。それぞれが目指す看護師像を実現できるような経験をこの東北大学病院で積んでいってもらいたいと思います。
このような環境で一緒に働いてみませんか?

看護部長 鈴木 由美

看護部長 鈴木 由美

看護部では、
教育に力を入れております

  1. フレッシュパートナーとシニアパートナーを中心に部署全員での
    新人看護師の育成
  2. 教育委員会の研修以外にも認定看護師等のセミナーの開催
  3. 東北大学病院看護実践能力開発システム(TNADS)の教育体制による
    成長過程の評価
  4. 「東北大学ケアサイエンス共創センター」
    (Tohoku University Care Science Co- creation Center:TUCSCO タクスコ)
    の立ち上げによる、新しいケアを創造できる看護師の育成
  5. 看護職員メンタルヘルス対応
  6. 看護研究の支援

PageTop