国立大学法人東北大学 東北大学病院看護部

  • 交通・アクセス
  • お問い合わせ

看護部の紹介

看護部の紹介

患者さんにやさしい医療と先進医療との調和を目指した看護を提供します

東北大学病院看護部には、1,100名を超える看護職と150名余りの看護補助者が在籍し、質の高い看護を提供するために努力しています。

病棟は平成12年に西病棟、平成18年に東病棟が開設しました。広くてきれいな病室が好評です。平成25年に外来等の改修工事も終了し、病院全体がリニューアルされ柔らかく温かい雰囲気に包まれています。

看護部では毎年多くの新卒者を受け入れていますが、患者さんに安全な看護を提供するために、また、看護師自身が安心して看護を実践するために、新しい看護提供方式である「パートナーシップ・ナーシング・システム®(PNS)」を導入しました。
従来の看護方式は一人で看護を行う自己完結型だったのに対し、PNSは2人で患者を受け持ち、相談・確認をしながら看護を行います。PNSはパートナーシップ・マインド(相手を尊重する、信頼する、慮る)を基本とし、患者も看護師も安心して笑顔で看護ができる優れたシステムです。
東北地方では先駆的な取り組みですが、笑顔にあふれた私たちをぜひご覧ください。

平成21年度から5年間「看護キャリアプロモート支援システム開発」という看護職のキャリア支援に重点を置いた事業を展開しました。
平成26年度からはそれをさらに発展させ「東北大学ケアサイエンス共創センター」(Tohoku University Care Science Co- creation Center:TUCSCO タクスコ)を立ち上げました。
リサーチマインドを持ち臨床研究を行うことで新しいケアを創造できる看護師の育成に取り組んでいます。

人にやさしく未来をみつめる

看護部キャラクター

看護部のシンボルキャラクター「ミルちゃん」「マモルくん」は、 看護部とその活動の認知向上や患者さんとのコミュニケーションツールとして、パンフレットや院内資料、案内版など活躍しています。

PageTop