国立大学法人東北大学 東北大学病院看護部

  • 交通・アクセス
  • お問い合わせ

看護師の仕事

AOBAナース

AOBAナースとは、AOBAナース・プログラムを受講して、「教育力」と「実践力」を身につけた者のことを指します。 AOBAの名称は、杜の都仙台の"青葉"にちなんで名づけました。 AOBAナースには、OJTを基本とした教育に携わり、看護部教育計画の企画運営や保健学科講義演習の担当等、様々な教育場面で力を発揮することが期待されています。

AOBAナースの声

これまで培った経験を活かしつつ、
新たに教育力を身につけられる絶好の機会でした。

新人看護師の頃はサクサク仕事をこなす先輩を羨望の眼差しで見ていましたが、あっという間に月日は経ち、私もいつしか後輩指導をする立場に。 でも、実際にその役割を担ってみてわかったことは、経験を積めば自動的に憧れていたような先輩になれるわけではないということ!ですから、 AOBAナースプログラムは、これまで培った経験を活かしつつ、新たに教育力を身につけられる絶好の機会でした。 現在は研修での学びを日々の後輩指導に活かしつつ、スタッフ皆が働き続けられる環境作りに努めています。

人に教えるということは
自分自身にとって大きな学びになる。

6年目の時の私は自分の指導の仕方に不安や迷いを感じながら、後輩へ指導を行っていました。 そのような時AOBAナース・プログラムについて知り、教育力を身に付けたいと思い受講を決めました。 様々な研修を通して「人に教えるということは自分自身にとって大きな学びになる」ということを学ぶとともに、教えることの楽しさに気づくことができました。
AOBAナースの活動は臨床現場での教育活動の他、研修の講師等幅広い活躍の場があります。 活動の幅を広げ研修の講師も経験しながら、看護師としても日々成長していきたいと思っています。 学ぼうと思えばたくさんのことが学べる当院で、一緒に働いてみませんか。皆さんと一緒に働けることを楽しみにしています。

AOBAナースの証

AOBAナースは、専用のネームストラップを付けています。 このネームストラップは、AOBAナース・プログラムの全コースを修了し、AOBAナースの認定を受けた者のみがつけられる努力の証です。

AOBAナースの証

PageTop